This blog is dedicated to the sublime instruments called nose flutes and which produce the most divine sound ever. We have chosen to discard all the native models from S. Pacific and Asia, for they need fingering to be played. We'll concentrate on "buccal cavity driven" nose flutes : the well patented and trademarked metal or plastic ones, plus, by a condemnable indulgence, some wooden craft or home-made productions.

Apr 24, 2012

Good news from/for Japan!

Mr. Tetsuyuki Sudare, owner of the shop Temiruya and very good nose flute player (we published his last video there) just announced he will sell the Bocarina. This is a very good news for Japanese players, who had difficulties to get them easily.



Here is Mr. Tetsuyuki Sudare's post on Facebook (you may copy the text and paste it here for an approximative translation)

南アフリカのChris Schuermansが近年発表した鼻笛です。
世界レベルで非常に高く評価されていて、日本でもぽちぽち見かけるようになりました。

世界楽器てみる屋は鼻笛の専門店ではありませんから、今以上にバリエーションを増やしてどうするのか、と販売を見送っていたのですが。Chris Schuermans本人から「売ってくれないか」と直接メールが来ました。向こうからわざわざ声をかけてくれたのに、蹴る理由はありません。二つ返事で取引することになりました。今、代金の支払い方法など取引条件を確認しています。

Chris Schuermansが日本の鼻笛職人たちと大きく異なるところは、彼は工業デザイナーだ、ということです。彼は自分の作品を作品としてでなく、大量生産品として完成させることに徹底的でした。3次元CADを使って形状を設計し、精密な金型を起こしました。金型って、小さな物でも数十万~百万円くらいしますよ。彼が自分の作品を世界中に広めるためにどのくらい本気か、ということが分かるってものでしょう。

今後において日本の鼻笛市場は激変する予感です。粗悪なベトナムの鼻笛はもう論外、完全に他の鼻笛の引き立て役です。バカ安のトイノーズフルートは別格ですが…もっと値下がりするんじゃないかな。埼玉の鼻笛 vs あだち区の華笛 vs 南アフリカの鼻笛の三つどもえが目を離せません。お互いにどう差別化を図り生き残るかが重要な争点になります。潰し合わせることなくみんなそれぞれ引き立てて共存できるように考慮することは、私たち商人の責任でしょう。それにしても、日本の鼻笛職人たちは新参の外国勢力に対してどう対抗していくつもりなのでしょうか。

その辺もあって、私は販売をためらっていたんですけどね…
既に売っているお店もあるのに、私だけ頑固になって乗り遅れるのも嫌だし。私はシステムエンジニアですから、個人的にはChris Schuermansのあり方はすっごい好きなのです。私は私の態度を決めなければなりません。とりあえず南アフリカからサンプル品が届いてからの話。

3 comments:

  1. What good news! I am happy that the bocarina will be available in one of the leading nose flute countries soon! It is surely good to have a variety of instruments to offer since every nose is different ....
    a good decision of Mr. Tetsuyuki Sudare! Best wishes for success from the Nosy Diva

    ReplyDelete
  2. Brian F. "brionski"April 25, 2012 at 9:11 PM

    CONGRATULATIONS and GOOD LUCK to Mr. Sudare. The BOCARINA is TRULY an Instrument of the WORLD that brings JOY to ALL who Play It. Best Wishes for Much Success!!!
    All the Best,
    Brian F. "brionski"

    ReplyDelete
  3. You are very fair play, Brian...
    And you know, the more it will be sold, the more it will get famous, and the more it gets famous, the more it sells.

    Amitiés,

    Antoine

    ReplyDelete